カジノカフェの複雑さ

カジノカフェは近年は摘発を逃れるために色々な工夫をしていることが多く、それによってわかりづらいように変化しているところも多々あります。色々な問題によって摘発されるのがカフェカジノとなっていて、オンラインカジノを利用して賭博をさせていることがわかればすぐにそのサービスは終了します。隠すための方法として、幅広い手段を使うのも業者のやり方です。

別のサービスを偽って提供する

別のサービスを偽る

本来はカフェとして営業しているものの、一定時間を経過していると突然カフェカジノに変貌して、オンラインカジノによるサービスを受けることが出来るケースもあります。これらはカフェとして偽っていることによって、本来行っているサービスをしているように見せているだけで、ある一室でオンラインカジノをプレイさせることが本当の狙いにあります。
そのため遅い時間になると急にお客さんが来るようになり、不自然なくらいにアクセスの数が増えてくるなどの状況が生まれます。警察はこうした部分も見ており、何らかの口コミがあれば直ぐに確認を取るようにして、不自然な事が行われていないか見ています。

倉庫なのに裏でオンラインカジノ

倉庫と偽る例もある

2つ目のパターンとして、倉庫などで登録されていて、物を置いていることを前提としている場所が使われています。これらは倉庫で物流などの仕事に使われているように見せかけて、裏ではオンラインカジノを利用してカフェカジノが営業されていることもあります。空いている部屋で行っていれば、それはカフェカジノになってしまいます。
これも巧妙に隠していることで、倉庫であれば24時間何らかの形で動くことになり、不自然さが無いとされています。オンラインカジノを利用してゲームをしている場合でも、物流の仕事をしているなどと誤魔化してしまえば、摘発から逃れられると考えられています。

警察が踏み込めるかどうかも重要に

警察の摘発が徹底されてる

せっかく逮捕できるような気配があったとしても、警察が踏み込むことができないと結局逮捕することができないので、何でもされてしまう結果となってしまいます。そのため早めに確認を取るようにしている傾向にあり、すぐにでも摘発できる準備が行われています。
さすがにカフェカジノとして運営しているところは、隠すことも徹底して行っているのですが、それでも摘発されることはあります。不自然な人の移動が起きていることで、オンラインカジノか闇カジノの2つを考えられていて、このサービスと判断されれば摘発できるのです。